ヨーロッパ鉄道旅日記(NW)

3/9ページ

フィンランド紀行 <後編> 『ヘルシンキ』への旅  by 大和 竜樹

  • 2012.05.12

 2012年の元旦はヘルシンキで迎えた。路面電車が走る中心地はコンパクトなので、500mほど歩くとバルト海の乙女像「ハヴィス・アマンダ」の噴水がある。さらに100mほど東に行くと、もうそこは海(エテラ港)だ。ヘルシンキの1月の日の出時間は9時20分頃であるが、10時半頃太陽が見えた。本日は1月1日(日)。初日の出だ。特に新年は祝わないらしく、なにもめでたい感じはしない。  マーケット広場のスオメン […]

1 3 9