景観・暮らしを柱とする新しい観光地の在り方(MR)

5/5ページ

クロマツのある風景ー市川市(1)  by 森田 芳夫

  • 2012.05.24

 江戸川をはさんで東京にもっとも近い千葉県の街、市川は、関東大震災や東京大空襲以来、都内から多くの文人、作家、実業家がこの町に移り住み、近郊住宅地として開けてきた。  私はこの町に住んで40年、我が家から歩いて5分くらいのところに永井荷風終焉の家があり、北には幸田露伴が晩年を2年間過ごした家が徒歩圏内にある。故東山魁夷画伯の旧宅も20分くらいの東の丘の上にあり、生前歩いてお伺いしたことがある。   […]

1 5