日本ほっつき歩き

2/11ページ

「遊子楽しむ」  by 花輪 繁廣

  • 2018.03.12

  小諸なる古城のほとり 雲白く 遊子悲しむ 「遊子はどんな意味?」「なんで悲しむの?」などと無学無知をさらけだしながら、2月半ばに旅じゃ有志と、小諸の懐古園を散策した。 もちろん遊子とは旅人のこと。若かりし頃「千曲川旅情の歌」「初恋」など島崎藤村の詩はよく読んだのに、すっかり忘れてしまっている。 残雪がまだ小諸城址のあちらこちらに残り、藤村がこの作品を書いた季節は、春には早い、空が寒々 […]

1 2 11