景観・暮らしを柱とする新しい観光地の在り方(MR)

 

 

「旅ジャーナリスト会議」で注視してきた、東伊豆「細野高原・三筋山の風力発電」建設、南伊豆「石廊崎ジャングルパーク放置」問題、西伊豆「松崎港巨大水門建設」問題の成り行きを確認するために、秋の取材旅行(2013年10月7~8日)を行った。
(森田、菊池、稲葉、岡田、多賀、小川の6会員が参加)。

伊豆松崎・民芸茶房のお母さんを囲んで

 

 ●自然景観破壊の三筋山風力発電

三筋山の風力発電は、地元東伊豆町で運動を続ける藤井廣明さんの自宅でレクチャーを受けた後、クルマ数台に分乗し、細野高原に向かった。途中観光用のシャトルバスも利用し、細野高原からは、徒歩で三筋山の山頂(標高821m)まで登った。山頂から河津方向を見下ろすと、すでに工事用の取り付け道路の工事が行われていた。さらに悪いことに、三筋山山頂から大池高原方面、および八丁池口方面の途中まで、ハイキングコースとして著名な「天城三筋山遊歩道」が通行止め(平成27年3月まで)になっていた。細野高原の観光案内板に、東京電力と風力発電機メーカーのユーラスエナジーホールディングス連名の通行規制のお願いなるチラシが置かれていたが、知らないできたハイカーはいったいどうするのだろうか。まさに自然破壊そのものである。

 

三筋山山頂付近から河津町方面を望む。風車の取り付け道路工事が進んでいる

 

現地調査の前に、藤井さん宅で説明を受ける

 

遊歩道も通行止めの看板が

 

天城・三筋山遊歩道の案内板の前で

 

 

引き続き、この後の記事は②③として掲載いたします。ご期待ください!!

( 2013年10月13日 寄稿)

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
3 / 512345