地域からの発信

第36回全国都市緑化信州フェア
by 荒木啓幸

投稿日:

信州花フェスタ2019

~北アルプスの贈りもの~

信州から春の訪れを告げる花便りが届くころ、「信州花フェスタ2019」(4月25日~6月16日)が始まります。

正式には、「第36回全国都市緑化信州フェア」といい、「全国都市緑化フェア」は、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるため、1983年から全国各地で開催されている花と緑の祭典です。
長野県での開催は、今回が初めてです。

「信州花フェスタ2019」では「北アルプスの麓から広がる 花と緑に包まれた しあわせ暮らし」をテーマに、「山麓」「里」「まちなか」を様々なイベントとともに、メイン会場となる松本平広域公園(信州スカイパーク)を中心に3か所のサブ会場(国営アルプスあづみの公園〔堀金・穂高地区〕〔大町・松川地区〕、長野県烏川渓谷緑地)、4カ所のサテライト会場(松本市、大町市、塩尻市、安曇野市〕で開催されます。

メイン会場の信州スカイパークでは、春から初夏へと緑の装いが変わる信州の風景を、木々の芽吹きとともに700品種100万株の花と緑で満喫できます。

たとえば、メインゲートを入ると、「出会いの広場」では、色彩豊かな花々が迎えてくれます。「バラ園」では3000株のバラが咲き誇り、「北アルプスと花と丘」では、ビオラ、ワスレナグサをはじめ15万株の協働大花壇が見られます。

「信州ナチュラルライフガーデン」では、信州の緑のある生活、旬の恵みを味わう信州料理、見て食べて楽しめる庭、木造建築と緑が一体となった豊かな暮らしなどを体感・参加できます。

開催期間:2019年4月25日(木)~6月16日(日)の53日間。

各会場までのアクセス/入場料金(メイン会場は無料)

開園時間など詳細は公式webサイト:https://shinshu-hanafesta2019.jp/   参照

2019年の春は、プラチナウィークもあります。この機会に家族そろって、爽やかな風を感じながら花と一日を過ごす、信濃路の旅を楽しんでみてはいかがでしょう。